RPF製造プラント

RPF製造プラント

RPF固形燃料用途

城東開発 RDF固形燃料製造設備RPF(Refuse Paper & Plastic Fuel)とは、主に産業廃棄物のうち、マテリアルリサイクルが困難なプラスチック、古紙、廃木材などを原材料とする固形燃料です。
主に石炭やコークスなどの化石燃料の代替燃料として製紙・鉄鋼業界などの燃料として使用されています。
RPF固形燃料を使用するメリット
(1) 化石燃料の代替燃料なのでCO2削減効果がある。
(2) 性状が明らかな廃棄物を使用しているため品質が安定している。
(3) 高カロリーのプラスチック、低カロリーの紙・木を混合したものが原料なので、燃焼形態に応じたカロリーの調整が可能。
(4) 一定の形状をしており、固形化されているので、ハンドリング性が良い。
城東開発株式会社へのお問い合せTEL089-996-6611FAX 089-996-8111一般廃棄物・産業廃棄物・資源リサイクルの事ならお気軽にお問い合せください。

お問い合せフォームはこちら