城東開発株式会社

総合リサイクルカンパニー

廃棄物処理業から製造業への転換

建物の解体工事や新築工事、そして製造工場から出てくる廃棄物等を適正処理するのは当たり前です。城東開発は長年のノウハウをもとに廃棄物から資源を作り出す仕事を行っています。リサイクル率100%を達成するために処理施設の充実を図っております。

イメージ:リサイクル

四国最大級湯山柳リサイクルセンター

イメージ:混合廃棄物

混合廃棄物

「分ければ資源・混ぜればゴミ」今まで処理困難とされ、埋立されていた混合廃棄物を城東開発では機械及び人の手で選別を行い、廃棄物を資源として生まれ変えております。
選別された廃棄物(資源)は各工程を経て、リサイクル品になります。

選別フロー図一覧表

金属くず

イメージ:金属くず

廃プラスチック

イメージ:廃プラスチック

木くず

イメージ:木くず

がれき類

イメージ:がれき類

石膏ボード

イメージ:石膏ボード

紙くず

イメージ:紙くず

繊維くず・廃油・ゴムくず他償却物

イメージ:繊維くず・廃油・ゴムくず他償却物

ガラスくず・及び他安定型産業廃棄物

イメージ:ガラスくず・及び他安定型産業廃棄物

混合廃棄物選別機器

イラスト:混合廃棄物選別機器
イメージ:木屑(木材リサイクラー)

木屑(木材リサイクラー)

木造住宅の解体等で発生した木屑を木材リサイクラで処理し、ボイラーの燃料等へ再資源化しています。

イメージ:ボイラー燃料/製紙原料

ボイラー燃料/製紙原料

イメージ:がれき類(コンクリートクラッシャー)

がれき類(コンクリートクラッシャー)

ビル・アパートの解体等で発生したがれき類をコンクリートクラッシャで処理し、砕石等へ再資源化しています。
再生砕石とはコンクリート塊等を、破砕処理機で破砕し、ふるい分けした再生骨材です。

イメージ:ボイラー燃料/製紙原料

再生砕石(路盤材)

イメージ:廃プラ・紙屑(RPF製造設備)

廃プラ・紙屑(RPF製造設備)

廃プラスチック類、紙屑等をRPF製造設備で処理し、RPF(固形燃料)へ再資源化しています。 「RPF」とは Refuse Paper & Plastic Fuel の略称であり、主に産業系廃棄物のうち、マテリアルリサイクルが困難な古紙及びプラスチックを原料とした高カロリーの固形燃料です。

イメージ:ボイラー燃料/製紙原料

RPF(固形燃料)

■RPF固形燃料を使用するメリット

  1. 化石燃料の代替燃料なのでCO2削減効果がある。
  2. 性状が明らかな廃棄物を使用しているため品質が安定している。
  3. 高カロリーのプラスチック、低カロリーの紙・木を混合したものが原料なので、燃焼形態に応じたカロリーの調整が可能。
  4. 一定の形状をしており、固形化されているので、ハンドリング性が良い。
イメージ:石膏ボード

石膏ボード

新築の現場や老朽化した建物の解体現場から発生する廃石膏ボードを破砕・選別の処理をして、また新しい石膏ボードの原料としてリサイクルします。

イメージ:石膏ボード原料

石膏ボード原料