廃プラ・紙屑(固形燃料)

RPF製造設備

廃プラスチック類、紙屑等をRPF製造設備で処理し、RPF(固形燃料)へ再資源化しています。

RPF(固形燃料)

RPF(固形燃料)「RPF」とは Refuse Paper & Plastic Fuel の略称であり、主に産業系廃棄物のうち、マテリアルリサイクルが困難な古紙及びプラスチックを原料とした高カロリーの固形燃料です。
RPF固形燃料を使用するメリット
(1) 化石燃料の代替燃料なのでCO2削減効果がある。
(2) 性状が明らかな廃棄物を使用しているため品質が安定している。
(3) 高カロリーのプラスチック、低カロリーの紙・木を混合したものが原料なので、燃焼形態に応じたカロリーの調整が可能。
(4) 一定の形状をしており、固形化されているので、ハンドリング性が良い。
城東開発株式会社へのお問い合せTEL089-996-6611FAX 089-996-8111一般廃棄物・産業廃棄物・資源リサイクルの事ならお気軽にお問い合せください。

お問い合せフォームはこちら